読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業ノート

様々なまとめ、雑感など

Oracleのシーケンスの取得値を所定値に変更する

OracleのDBで、シーケンス値を使用するカラムを持つテーブルのデータを移行するときに起きる問題。

Oracleでは、シーケンスとテーブルは別に扱う。このため、テーブルのデータを移行するときには あわせてシーケンスの値も変更しないと、値が重複してしまうことになる。

主キーの値としてシーケンスを使用することは多く、その値が制約違反により登録できない、といった現象が起きる。

この現象を避けるためには、シーケンスの取得値が移行データとかぶらないようにする必要があるのだが、シーケンスの値を簡単に変更するようなSQL文は存在しない。

そこでいくつかのSQL文を実行して、最終的に取得値を所定値にすることになる。

以下は例として、foo_seqというシーケンスの取得値を11にするための手順。

1. シーケンスを削除する

シーケンスが存在するときは、一旦削除する。

DROP SEQUENCE foo_seq;

2. シーケンスを作成する

シーケンスを作成する。初期値、最小値、増分値を全て1にする。

CREATE SEQUENCE foo_seq START WITH 1 MINVALUE 1 INCREMENT BY 1;

3. 増分値を変更する

ALTER文で増分値を10に変更する。この値は、開始したい値(11)から1を引いたもの。

ALTER SEQUENCE foo_seq INCREMENT BY 10;

4. シーケンス値を取得する

SELECT文で、このシーケンスの値の現在を取得する。

SELECT foo_seq.nextval FROM dual;

   NEXTVAL
----------
        10

これによって、シーケンスの値が10になる。

5. 増分を1にする

増分を1に戻す。

ALTER SEQUENCE foo_seq INCREMENT BY 1;

これで、次回のシーケンスの取得では11になる。

SQL> SELECT foo_seq.nextval FROM dual;

   NEXTVAL
----------
        11

参考