読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業ノート

様々なまとめ、雑感など

subversionで差分を作る。パッチをあてる。

差分を作る

作業ディレクトリで、以下を実行する。

$ svn diff -r 10:HEAD > foo.diff

patchをあてる

$ patch -p0 -E < foo.diff

-E オプションを指定すると、パッチ適用後に空のファイルを削除する。

また、patchが当たるファイルを確認したい場合は、--dry-runオプションをつける。

patch -p0 --dry-run < foo.diff

このとき、ファイルにpatchは適用されない。

あてたpatchを取り消す

-Rオプションで、一応可能。

$ patch -p0 -R < foo.diff

元々-Rオプションは、差分の取り方が逆であったときに利用するオプション。
結果的に取り消すことができるが、そのような目的のオプションではないので、過信しないこと。