読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業ノート

様々なまとめ、雑感など

バーチャルホストを使ったTracの設定

バーチャルホストごとで独立したtracを管理する。
以下は、ubuntuでの例。

  • tracのトップでbasic認証を用いると、sourceが見れなくなる。
# /etc/apache2/site-available/trac
Listen YYYYYY
NameVirtualHost X.X.X.X:YYYYY

<VirtualHost X.X.X.X:YYYYY>
    ServerName svn.example.co.jp
    DocumentRoot /var/www

    <Location />
        SetHandler mod_python
        PythonHandler trac.web.modpython_frontend
        PythonOption TracEnvParentDir /var/trac
        PythonOption TracUriRoot /
    </Location>

    <LocationMatch "/[^/]+/login">
        AuthType Basic
        AuthName "Trac Local Authentication"
        AuthUserFile /var/trac/htpasswd
        Require valid-user
    </LocationMatch>
</VirtualHost>
$ sudo a2ensite trac
$ sudo /etc/init.d/apache2 reload